土地活用を行うべき理由とその方法

土地活用を行うべき理由と言うと、やはり一番に持っている資産を活かしたいという部分が来ます。そもそも土地等の不動産というものはただ所有しているだけで、保有コストや相続コスト、或いは維持経費等というな経済的な負担が掛かるものです。そのため一般的な土地活用としては、税金面で優遇措置を受けるため、生活のための安定収入を得たい、先祖代々の土地を次の代にも継ぎたい、といった様々な理由があります。特に税金面の優遇、所謂節税効果としては、更地に居住するためのマンションやアパートといった賃貸物件を建てる事で、固定資産税が軽減されるので保有コストを下げる事が可能になります。しかも建てたマンションやアパートには当然、入居者が現れるので、家賃といった形で安定収入を得る事が可能となります。そして収入を得て活きた土地とする事で、次の代へと引き継ぐ利点が更に大きくなります。


この様に一つの行動で様々な問題を、解決出来る場合もあります。逆に言えば土地活用をせずに、折角の土地を更地のままで放っておくと、評価額の軽減措置を得られないので高い税金を払い続ける事になります。しかも支払うばかりで何の利益を生まないので、その土地を手放す羽目になる可能性が高くなります。やはり利用価値があるからこそ、所有し続ける価値があると言うものです。では土地活用して利益を上げる方法とは、どういったものがあるかと言うと、まずは前記した通り、アパートやマンションを建設し、家賃収入という安定した収益を上げるというやり方です。この方法だと節税にもなる上に、上手くやれば長期間に渡り、安定した収入を得る事が出来るので、老後の安定した収入確保の手段として用いられる場合が多いです。ただし建物を建てる必要があるため、その土地に住居としての需要があるかどうかという見極めが必要です。次に考えられるのは、駐車場や資材置き場として建物を建てずに土地活用を行うという方法です。建物を建てずに済む分、ニーズがあるならば迅速に開始出来るし、投資も少なくて済むのでリスクも低いと言えます。ただし、更地のままだと節税対策にならないのでその点は注意が必要です。


他にもオフィスビルや商業施設を建てるという、土地活用法があります。この場合、基本的に居住物件よりも高い賃料を得る事が出来るので、利益を大きく上げるチャンスはあります。ただし大通りに面している等の立地条件が重要で、更に景気によっては空室が増えてしまうというリスクもあります。なのでアパートやマンション経営に比べると、ハイリスクハイリターンと言え、より慎重な下調べが必要となります。